大豆猫の空

気になること備忘録

自宅エクササイズの近況

なんだかんだで継続中の自宅エクササイズ。

今現在こんな感じになっています。

⬇️

スクワットのイラスト

うちのお猫の体重は4キロ位あるのでちょうど良い負荷(当社比)が効きます。

ニャンの協力が得られない場合はお米袋を抱いてみてはいかがでしょうか?(違うか……)

 

以前はランシューを用意して、ちょこちょこランニングしたりもしてました。
がしかし、春は花粉、夏は小さい虫、冬は寒冷アレルギー(鼻水が出るやつ)で稼働できる季節が正味で秋くらいに限定されるという……。

怠ける口実になりそうな状況で外堀が埋められていくのは意志がぶれるブレる。

今や、室内でできるトレーニングが動画でたくさんアップされていて本当に助かります。
最近、ふと思い立って試してみたHIITもお気に入りの一つです。

短時間で呼吸が上がって汗がかけるのが手っ取り早くて良き。

初回後には筋肉痛もきたので、普段使えていない部分にも良い刺激が入ったのでは無いかと期待しています。

続けるのが“だれて“きたら飽きがきている可能性もあるので、新しい内容に変えてみるのもあり ですね。

 

 

 

関連  日常系 カテゴリー記事一覧

 

 

勢いでインスタにお絵かき絵をアップしてみましたハハ

 

人差し指の爪だけ伸びるのが早くて我が爪ながら「気持ち悪っ」っとなっている今日この頃。

 

今の季節は快適で良いですね。

 

永遠にこの陽気でいて欲しい……(切実)

 

このところ、物置部屋の一つを整理する作業を進行しています。

 

近々大もの家具を運び出してスッキリする予定。 

 

やっと花粉を乗り越えたけれど、作業のハウスダストで引き続き鼻炎ビェ〜ン中です (; д ;)

猫のイラストGIF



そちらに時間を取られて、こちらの方の更新がますます鈍化しそう……。

 

少し更新が手軽かも?ということでお試しにインスタ垢を作ってみました。

 

以前にブログで使ったイラストなどをぼちぼち挙げています。

 

にしても、インスタ。オオカミとネコの写真が無限に出てきて 永遠に見ていられる がまた一つ。

 

使い方がよくわからないままですが。

 

そこはエイッと勢いで。

 

生存報告の代わりに〜(ナラナイカナ?)

 

インスタ界隈の僻地の僻地ですがお暇があれば。

 

https://www.instagram.com/soycatblg/

 

 

関連  

エンタメ(主にマンガ) カテゴリー記事一覧
日常系 カテゴリー記事一覧
 

 

 

 

更新をさぼっていた言い訳でござる

だいぶ更新ができずにいました。

 

昨今の状況をふまえるといろいろと理由になりそうな環境ですが、なにをいわんや「まだお」です。

 

 シンプルに花粉症でgdgd になっております。

 

そうでない方には分かりにくいかもしれませんが、予想外に色々な症状のバリエーションがあります。

 

加齢とともに変化してはいるもののまあまあのアレです。

(この辺り割とまじめにGDPに影響あるのではと妄想します。)

 

ということで無理せずできる範囲でやっていこうと開き直っています。

猫のGIF

 

 最近インスタ垢を作ったのでそこにブログのお絵かきをちまちまアップ しています。

後日詳細をブログに書いておこうと思っています。

 

 

今気になっていることを少し。

素人の雑談として聞き流してクレメンス。

報道の情報と株・為替の値動きをどう解釈すれば良いのか…

 

 

以前にも書きましたがこういった状況の時、 投資サイドの分析は違う視点で事象を捉えることができるのではと思います。

▽以前の該当記事

soycatblog.hatenablog.com

関連  日常系 カテゴリー記事一覧

 

重曹とクエン酸のポイントを改めて確認

クエン酸重曹

大掃除で家中のスイッチを重曹スプレーでぴかぴかにしまして、みごとな汚れ落ちっぷりが気に入り、以来スプレーボトルに常備しています。

 

 

共通点としては消臭効果。

重曹は水溶液がアルカリ性なので酸性の汚れ・臭い→皮脂・タンパク質など

クエン酸は水溶液が酸性なのでアルカリ性の汚れ・臭い→アンモニアなど

 

これを「中和消臭」というそうです。

(参考:茂木和哉氏のサイト「イヤな臭いを確実に消臭するために知っておきたいこと」https://www.yogoreotoshi.com/post-6360/)

 

有名な「お肌に優しい弱酸性」というフレーズで ≒ "皮脂よごれは酸性"と覚えてしまいましたw

 

せっかくの便利なアイテム、 失敗しないためにはNGポイントを押さえておく のが近道ではと思い再確認しました。

 

 

重曹(重炭酸ナトリウム/炭酸水素ナトリウム NaHCO3)

おおまかに「脂よごれに使う」と把握していましたが実は使えない場所もあるそうで。

さっそくパッケージの説明欄をチェック。

f:id:soycatblg:20220301120939p:plain

無印良品 重曹 600g 詰替え用 44902226

(※リニューアルしたようでパッケージ記載内容が現行と違うかもしれません)

 

強調枠内 を見てみると アルミ製品はダメ なんですね。

その他も傷が付きやすそうなもの・柔らかいものが記載されています。

ざっくりだと「失敗したくない貴重品は避ける」としても良いかも。

 

もう少し拾うなら「傷・変色・拭き残し」に注意、ですかね。

 

それから強調枠外ですが「 ゴム手袋を使用し~  」とあるように手荒れの可能性も気にしておいた方が良いようです。

知らずに使ってました、何事もなくて良かった(汗)

 

 

クエン酸

何の汚れに使えるかも大事ですがまずは注意事項を。

塩素系の製品と混ざるのダメゼッタイ。 

塩素ガスが発生する危険が。

製品の裏面にも目立つように書かれています。( 写真強調枠参照)

f:id:soycatblg:20220227162840p:plain

 

NGとしては「大理石」が記載されています。

石材や金属(ステンレス以外)などは酸と反応するので傷めてしまうという。 (参照:ヤマダ電機「家のすみずみまでピカピカに!徹底的にお掃除特集」https://www.yamada-denkiweb.com/site/wevent/topics/042homeclean/)

 

用途としては 「水垢・消臭・抗菌」 が記載されています。

水垢 → 主にCaCO3 ← 大理石

の関係で覚えやすいかも。

こちらも 「手袋使用」 の記載あり。

 

 

色々な用途があるようで使いこなせれば掃除のアイテムを絞ってすっきりできそう!という夢が広がりますが、まずは焦らずコツコツとレパートリーを増やしていこうと思います。

 

 

 

蛇足

酸性でもアルカリ性でも肌に影響があるので浮かぶ疑問。

「胃(酸性)や腸(アルカリ性)はなんで大丈夫なん?」

これは粘膜から保護物質(粘液)が分泌されているからだそう。

んでお腹の調子が悪いとき出口が荒れるのは粘膜との境に近い”お肌”の部分は保護なしだからだそうな。

vivaウォシュレット

 

 

 

 

 

関連  日常系 カテゴリー記事一覧
 

 

冬に観たアニメで個人的に印象に残っている「声」

あくまで個人の感想なのでもろもろご了承下さい。

 

続きを読む

朝、目が覚めたら

ある朝、目が覚めたら喰らっていました。

ぎっくり腰。

こんなことってある?

と思いかけたけれど実際になってしまったので。ぱおn

痛さとショックを噛みしめつつ、

「これの別名ってなんだっけ」

と気になり始めてしまい。

 

この謎思考ですが思い返すと、

動くのが嫌になるくらいには痛みがあるので、

無意識に痛みから気を逸らす行動だったのかもしれませぬ。

 

いかんせん身体はどうにも動かせず。

指を動かすだけなら無問題。

スマホのありがたみ。

…検索中…

『魔女の一撃』 

そうそうこれでした。

wikiによるとHexenschuss(ドイツ語)の日本語に意訳したものだとか。

(参照:Wikipedia「急性腰痛症」https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E6%80%A7%E8%85%B0%E7%97%9B%E7%97%87

 

英語かと思ってましたが違いました。

昔から使われてる医学周りの外来語は独語由来が多いというアレですかね。

よく分からない事象を魔女ガーだったドイツ。

かたや妖怪ガーだったジャパン。

人類ョ。

 

それにしても「腰痛」検索してよく書かれている類の引き金的行動は当てはまらず。

理 不 尽

そもそも若い頃から腰痛の気があったのでリスク回避を気を付けていたにも関わらず。

な ぜ な の か

ここ十数年は疎遠にしていたのにゥゥ。

 

とまあ今回喰らってしまいましたが、これまで高リスク場面では回避できていたので、 「重いものは脚力で持ち上げる」 は引き続き推したい所存です。

 

嘆いていても痛みは続くので回復の希望を。

次のforbesjapanの記事によると

https://forbesjapan.com/articles/detail/26913

2012の腰痛診療ガイドラインでは 「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」 と明記されているそう。

またも思ってたのと違った。

血流が組織の修復に影響することを考えると、言われてみれば、という感じもします。

一般的に術後の早期に離床を促されるので同じような感じなんですかね。

 

湿布などで症状を緩和しつつ無理しない程度で普段の生活をする 、だそうなのでその通りに。(ただし激しい運動や重いものを持ち上げるなどはNG。)

当然お猫さまの足場のお役は続投です。(自己責任)

完全に痛みが無くなる訳ではないので魔女の「ジャブ」を受けつつできるだけ普段通りに。

数日で症状は和らいできています。

 

 

思い当たる節がやはりないので「加齢マジぱねぇ」と思った次第です。

 

ぱわー

 

 

 

追記:読み返してみたら思い当たる節、ありましたね。

f:id:soycatblg:20220216205539p:plain



 

 

 

関連  日常系 カテゴリー記事一覧